麻里子もともと梅干しは好きでしたが、最近梅干しや梅の効能についての本に出合いました。

梅干しには、ミネラルやビタミン群が豊富。

梅干しには、クエン酸、梅リグナン、抗酸化作用に優れたフラボノイド、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、カリウムなど健康を維持するのに必要な栄養素が豊富に含まれているとな。

知ってた?

昔は食卓にあっても、塩ふいて誰も寄せ付けなかった、ただ酸っぱいだけの梅干しの時代は終わってるのであります。

昔から本当は、日本人の健康の維持に欠かせない食品だったんだよ。

老化や生活習慣病の主要因と言われている「活性酸素」近年ではガンの要因にもなっているといわれています。

活性酸素は、体内に細菌やウイルスが侵入してくると、酸化作用(サビつき攻撃)で殺菌・分解し、生命維持に欠かせない役割を果たしているものの、活性酸素が過剰に作られてしまうと、体内の酸化ストレスが増えてしまうことから、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病、がんなどさまざまな病気が発症する要因になる、と考えられています。

いやや〜活性酸素ってめっちゃ怖いやん。

活性酸素が増えてしまう要因として

1、ストレス

2、環境汚染

3、レトルトやインスタントなど、添加物を多く含む食品の摂取

があげられます。

逆に、じゃあ「活性酸素」を抑える方法ってないの?となると

頼りになるのは「抗酸化物質を含む食品」この道理はわかる

「抗酸化物質を含む食品」とは

酵素

ビタミン

機能性成分

酵素はわかる(生野菜とかフルーツとかにあって、熱に弱いんだよね)ビタミンもわかる(ビタミンCとかBとかDとかあって、めちゃ大事)

えっ機能性成分って何?

と思ったそこのあなた。麻里子と同じなのでご安心ください。

機能性成分とは

機能性成分とは、一般に生命活動に必須の栄養素では無いものの、健康を維持したり、抗酸化性を示す、発がん性物質等の有害物質の作用を緩和する。等の様々な機能的効果が期待される成分です。
良く知られている成分には、温州みかんの「β-クリプトキサンチン」や、お茶の「カテキン」、大豆の「イソフラボン」、アミノ酸のひとつである「γ-アミノ酪酸(GABA)」等があります。

だそうですよ。お茶とかみかんとか大豆とか、日本人が昔から大事に食べてきたものの中に、ちゃんと含まれていますよね。

梅干しのすごい効果

梅干しには、抗酸化作用として有名なフラボノイドとカタラーゼという酵素が含まれていて、活性酸素の毒性を抑える働きをしてくれるそうなのです。

フラボノイドとカタラーゼ、強力な抗酸化物質が含まれることで、細胞や組織が酸化するのを防いでくれるのです。

さらに、

人が元気でいるためには、エネルギーが体内に満ちていなければならず、そのエネルギーをつくる中心成分が「クエン酸」と言われています。

梅干し=クエン酸と連想できるほど、クエン酸を豊富に含む梅干し。

めっちゃいいやん梅干し!知れば知るほど、梅干しってすごいんやね。

前から近所のスーパーで梅干し買ってましたけど、本格的国産の梅干しを探してみました〜♪

できれば、甘い梅干しよりは、しっかり「酸っぱめ」で、「梅」が国産であって、なるべく添加物の少ないもの希望。

ってことで選んでみた梅干したち。

1、梅翁園 お試しセット 1700円 送料無料


定番味の「あかね」

減塩の「あっさり」

インターネット限定 かつお味の「さち」

人工甘味料無添加の「スイートはちみつ」

の4種類が試せてのお値段なので、とってもお得です。

梅翁園の梅はもちろん「紀州の南高梅」

とても肉厚です。

麻里子的に好きなのは 「あかね」と「さち」

↑「あかね」しそが効いていて、とても肉厚。あきない味

 

「さち」はカツオが効いていて絶品!リピ買いしたくなるくらい止まらない味。

梅干しが苦手な方にもおすすめ。うますぎ!

梅翁園は他にもいろんな梅干しもあり、ご家庭エコパック 380㌘ 2,160円〜あるので、お求めやすいのも魅力。

あとこんなのもあったので買ってみました〜

梅酢ドリンク「飲む梅干し」18本入 1800円送料無料

18本入ってます!

この飲む梅干しは、酸っぱいのが苦手、梅干しが苦手な方にも、梅干しの有効な成分が摂れちゃう優れものです。

クエン酸、リンゴ酸などの有機酸と カルシウム、鉄分などのミネラル類が含まれています。

「飲む梅干」の原料は、塩分の高い梅酢を 独自の技術で脱塩し、梅酢に含まれる有用成分だけを取りだして使用しているとのこと。

これがまた上手い〜!さっぱりとしていて、少しだけは酸っぱさもあり、でも飲みやすい。飲んだあとめっちゃ元気になりそう

クエン酸たっぷり。これは夏バテに良さそう。

↓ ↓ ↓梅干し他いろいろあり、紀州南高梅の梅使用で安心です。

梅干しの梅翁園

つづく・・・